スター AI・情報塾

sutajuku_footer-logo

TEACHERS and TECHNICAL ADVISERS

オンライン担任 / テクニカルアドバイザー

上 田

開志専門職大学 情報学部情報学科 4年

趣味:カラオケ・カフェ巡り・動画編集・音楽鑑賞
将来の夢:「上田くん」だから任せたい!と言われるような人間になること

アピールポイント

大学では、情報系の勉強をしていて、ネットワークやセキュリティ、IoTなども学習してきました。その中でも、私の専門はデザイン思考ですので、情報とは直接結びつきがないように感じるかもしれません。しかし、どの分野でも思考プロセスの根幹になっているため、デザイン思考を用いた考え方ができることが私のアピールポイントです。

すぐに答えを出すのではなく、一緒に導き出す

スタ塾の講師をしている私のやりがいは、生徒さんが「わかった!」という瞬間を共有できることです。私はテクニカルアドバイザーとして、生徒さんからの質問を一緒に解決する役割を担っています。ただ回答を与えるのではなく、一緒に問題を解決できるように導くことは容易ではありませんが、解決ができて「ありがとうございました」との声を聞くと、この仕事を選んで良かったと感じます。

将来の選択肢と可能性を広げよう!

スタ塾の講師をしている私のやりがいは、生徒さんが「わかった!」という瞬間を共有できることです。私はテクニカルアドバイザーとして、生徒さんからの質問を一緒に解決する役割を担っています。ただ回答を与えるのではなく、一緒に問題を解決できるように導くことは容易ではありませんが、解決ができて「ありがとうございました」との声を聞くと、この仕事を選んで良かったと感じます。

先生が嫌いだからこそ、なれる存在

僕が中学生ぐらいの頃は本当におとなしい生徒でした。まわりの大人に何か相談をしても「勉強していいところに就職・進学すれば解決する」としか返ってこず、勉強も大人も嫌いでした。少し成長して大学生になり、ご縁もあって今は先生をやらせてもらっています。先生という立場は大変です。名前だけで少し距離を置かれますし、ときには宿題も出さないといけません。ですが、それでも生徒が本音で相談してくれたり、ふと笑顔が見せてくれたりするとやりがいを感じます。昔の自分は今の自分をみてどう思うでしょうか。自分がずっと求めていた心を許せる大人を目指して今日も子どもと向き合っています。

とにかくまずは、やってみよう!

僕はとにかく、みなさんの「やってみたい」を大事にするよう、心掛けています。学生時代は人生で一度きりしかありません。もちろん、お勉強も大切です。ですが、それ以上に経験や挑戦が大事だと考えています。人生経験はかけがえのない大きな学びです。人が夢を語ることは悪いことではありません。「どこか遠くの国にいってみたい!」「自分で0から何かを作ってみたい!」など小さいことから大きな夢まで何でも大歓迎です。皆さんが今やってみたいことをぜひ、先生に聞かせてください。先生もできる限りにはなりますが、全力でサポートします。「勉強」という小さな枠に捕らわれず、人生という大きな学びを広げていってほしいです。

ニックネーム

北海道情報大学 情報メディア学科 2年

趣味:洋楽・映画鑑賞・ドライブ・旅行
将来の夢:自分で事業を持ってみたいです

アピールポイント

生徒と接するときは普段から笑顔を心掛けています。

佐藤 大典

開志専門職大学 情報学科 3年

趣味:アニメ、ゲーム、音楽鑑賞
将来の夢:XR分野もしくはIoT分野をメインに活躍するエンジニア

アピールポイント

情報学が好きなこと!

先生が嫌いだからこそ、なれる存在

生徒さんが学習を進めている際に機材トラブルや教材の使い方がわからないといった疑問を解消し、学習を再開できるように手助けする過程にやりがいを感じています。生徒さんと順序に沿って進めていき、できた!という声が聞けるのは非常に嬉しいです。
どのように説明したら理解しやすいか、答えだけでなく手順まで覚えてもらえるかを考えながら生徒さんの疑問に答える努力をしています。そうすることで生徒さんの応用力が伸びてほしいと思っています。そして、疑問が解消されることでまた楽しんで学習を続けてもらえたらとも思います。
進めなくなった時やる気が下がってしまうこともあるかもしれません。そのやる気を上げさせて、できた!という声を増やしていくことにやりがいを感じています

楽しい情報学の世界に飛び込みましょう

プログラムや機械を触るのは難しそうと感じるかもしれませんが安心してください。我々が全力でサポートいたします。
情報学にはさまざまな分野があり、各分野が繋がりを持ちながら楽しい世界を形成しています。身の回りのデバイスなどの仕組みを知ったり、自分で何かを作るための知識を得たり、知らなかった分野への興味が湧いたりと多くの「楽しい・面白い」が待っています。
これからさらに進化する情報技術をただ使うだけでなく、仕組みを理解して使うことができたら楽しいと思いませんか?システムに改善点があると感じたら、自分で作ってしまうこともできるかもしれません。
情報学は生活を便利にしたり、エンタメなどでの新たな体験を可能にしたりと多くの可能性を秘めています。一緒に情報学という楽しい世界に飛び込みましょう!

教える側も成長する学びの瞬間

面談時には、レッスンの振り返りを行いながら、教材には載っていない興味深い話も生徒さんに伝えるよう心掛けています。そうすることで、生徒さんに新たな発見をもたらし、「初めて聞いた!」「こんな仕組みで動いていたんだ」といった驚きの反応を得ることができるので、とても嬉しく感じています。

例えば、モバイル端末について学ぶレッスンの際は、昔は電話をかけると「交換局」に繋がり、物理的に電話線を接続していたというエピソードを紹介したりすることで、生徒さんの興味を引き出しています。それによって、生徒さんの学びへのモチベーションが高まっていることを実感しています。

さらに、自分自身も生徒さんとの面談を通して新しい知識を発見することがあり、教える側としても成長を感じられる瞬間です。 生徒さんたちの成長をサポートするだけでなく、生徒さんとともに学び合うことで、より意義深い学びが実現できると信じています。

世の中を見る視点がワンランクアップ

ICT技術は私たちの生活に欠かせない存在となっています。しかし、その仕組みを理解している人は少ないかもしれません。例えば、交通系ICという便利なシステムは、改札機にカードをかざすだけで切符を買う手間が省け、ラッシュ時の混雑緩和にもつながり、列車利用が便利になりました。この背景には中学校で学ぶ「ファラデーの電磁誘導の法則」という技術が活用されています。

スターAI・情報塾での学びは、身の回りの情報システムを理解するための大切なステップです。私たちのレッスンでは、プログラミングだけではなく、ICT技術の基礎から応用までを丁寧に学び、現実の社会でどのように役立てられているかをお伝えしています。

あなたもぜひ、スターAI・情報塾でICTの世界を探求しませんか?自分の知識を広げ、新しい可能性に出会い、「生きるチカラ」が身につきます。ICT技術の力を理解し、未来をより豊かにする第一歩を一緒に踏み出しましょう。

ニックネーム

北海道情報大学・システム情報学科・2年

趣味:システム開発、野球観戦
将来の夢:高校教員

アピールポイント

笑顔☺️

鈴木

北海道ハイテクノロジー専門学校
ITメディア学科・3年

趣味:筋トレ、アニメ、バラエティ番組、YouTube、ランニング
将来の夢:システムエンジニア

アピールポイント

しっかり相手の話を聞いて共感したり、提案したりできるところ

自分の成長が感じられる

私はテクニカルアドバイザーとして何に困っているのかをよく聞き、どうやって解決するのかを分かり易く教えるという仕事をしています。

最初の頃は、まだ教材の内容やラズパイの仕組みを詳しく知らず、自分一人で生徒さんの問題を解決できず、付き添いの先生に頼ってばかりでした。ですが、回数を重ると同じ問題で困ってる生徒さんの対応をしたり、自分の知ってる問題の対応をすることが増えてきました。そこで自分一人で解決できたときに自分の成長が感じられました。また、生徒さんの問題を解決できたときにお礼を言ってもらえたときにやりがいを感じられる仕事だと思います。

サポートも充実しているので安心

本教材はプログラミング未経験からでもついていけるように分かり易く説明されています。

内容はチャット形式で進められたり、見やすい動画で知識を得たり、実際にプログラミングを体験したりできるので楽しく学べると思います。そして、オンラインの担任やテクニカルサポートなどのサポート体制も充実しているのでわからないところや不具合などがあった時は一緒に解決してくれるので安心して学習が進められる環境が整っています。この先もさらにITの進化が進んでいき、IT系以外の仕事をする人でもITは必要であると思うのでこの機会に一緒に学びましょう!

受講生と一緒に楽しみながら学んでいく

私が感じているやりがいは、受講生たちが前まで理解できなかったことをどんどん理解していく姿を見ることです。受講生たちとお話ししながら一緒に学んでいく中で、彼らが成長していく様子を見ると、講師としては嬉しい限りです。また、彼らが楽しそうにレッスンを受講している様子を見ることもやりがいの一つですです。彼らの笑顔や興味津々な姿勢は、私のエネルギー源になっています。楽しく学ぶことを大事にしているので、受講生の笑顔や、「なるほど!」「理解できた!」という声にとてもやりがいを感じています。

技術を知るだけでなく、活かしてほしい

今やAIや情報技術はあらゆる分野で活用されています。一見AIや情報技術とは無縁と思われる分野でも、実は活用事例が多く存在します。皆さんの身近な趣味などでも、きっとその力が活かされていることでしょう。AIや情報技術を正しく把握し、活用する力はこれからの時代、多くの人に必要とされると思います。私はただ知識をつけるだけでなく、皆さんには「この技術はこれに使ったら面白いかも!」という柔軟な発想を持ってほしいと思っています。一緒に楽しく学び、新しいアイデアを育てていけるように全力でサポートします。

松井威

公立はこだて未来大学 システム情報科学部 4年

趣味:楽器演奏、ライブに行くこと、サイクリング、ゲーム
将来の夢:良いお家を買う

アピールポイント

優しさ、真面目さ

田中翔太

北海道教育大学札幌校・理数教育専攻
算数・数学教育分野 2年

趣味:お祭りの運営
将来の夢:中学校の数学の先生

アピールポイント

大学での教育の学びの知見をもとに、生徒によりよい学びを提供します。

今後の未来の子ども達とともに歩む

コロナ禍が落ち着きつつなっている今、子ども達の学びはどのように変化しているかをご存じでしょうか。1人1台端末が全生徒に配布され、学校の授業でも多くの時間で使用されています。それにより、調べれば答えが見つかってしまうという世の中になって来ています。
学校の宿題もchatGPT等で調べれば完了してしまいます。では、電子機器の使用を控えるべきなのでしょうか。
スタ塾では、その正しい使い方を楽しく身に付けるとともに、活用した人材を育てています。我々講師は、その学びを子供たちに提供することはもちろんのこと、講師自身も学び続けています。子どもたちと情報社会における学びをともに出来ることは非常に魅力的ではないでしょうか。

ある日、スマホやパソコンが使えなくなったら、君はどうやって生きていく?

今、皆さんの周りには、スマートフォンやパソコンがありますね。最近では、調べてみたら出来ることが沢山あることがあります。では皆さんに聞きたいことがあります。「考えること」をしていますか?ただ調べて終わりになっていませんか?スマホやパソコンが使えなくなったらどのようにわからないことを解決しますか?今まで機械に頼ってきたのに急に自分で考えてといわれても、、、って思いますよね。スタ塾では、この自分で考えることを行うことが出来ます。しかもパソコンを使って。え、どういうことって思ったそこの君!実際にスタ塾を体験してみましょう!きっと、この意味が分かってくるはずです!機械に支配されるのではなく、自分で機械を使いこなす(ついには支配、、、)ことが出来るようにきっと受講後はなっているはずです!まずは、「自分で」行動を起こしてみよう!

後悔がない

生徒たちといっしょに学習できることはもちろん、自分と年が離れている子どもたちとお話しすることで頭の中に新しい考えが生まれてきます。また、子供達に教えるためにはそのことについての理解と自分の言語化能力が試されます。言語化能力があまりないと思っているあなたへ、この力は多くの幅広い層の人と関わることで成長できます。最初は誰でも苦手なことかと思いますがそこも生徒さんに教えている時や上司の方々また、同期や先輩との交流の中で成長できると思います。最後に自分の興味のあることには挑戦してみてほしいと思います。やらないで後悔するよりやって後悔する方がいいという言葉がありますが、ここはやって後悔しないところだとおもいます。

挑戦と成長

この講義を受講しようとする皆さんへ私からは挑戦しようとしているあなたのことを尊敬します。ほかの人と違うことや何かやるのに一歩先に動くというのはとても大変で勇気のいることと思います。人は挑戦することで大きく成長していきます。君たちは今まさしく将来に向かって成長している途中です。成長は何も行動しない人でもできます。しかし、挑戦するものは成長過程の中で得られる経験値が大きく異なります。また、ここに挑戦しようとしている君たちはこの先社会に出ても周りの人を引っ張っていくことのできる人たちだとおもいます。さらに、ここにいる先生たちの多くはそのような挑戦の結果今にたどり着いています。情報の勉強を行いながら人生についての情報もらえるかもしれません。君たちの挑戦を心から応援します。

木村 英嵩

札幌大学

趣味:弓道
将来の夢:司法書士

アピールポイント

会話が続く

Y A

北海道教育大学理数教育専攻2年

趣味:音楽を聴くこと、旅行
将来の夢:中学校の理科の先生

アピールポイント

人と話すのが好きなこと

生徒と一緒に成長できるのが楽しい

人と話すのが好きなので、レッスンの内容についてだけでなく、普段の生活についても中高生の皆さんとお話できるのが楽しいです。また、レッスンの内容は大学生の私たちにとっても勉強になることが沢山あります。プログラミングやAIについてなど、知らないことを日々学びながらお仕事をすることが出来ます。レッスンで学んだことだけでなく、大学のことやこれからの学校生活のことなど、自分の体験談だけでも生徒にとっては大きな刺激になると思います。人に物事を教えるのが好きな人や人と話すのが好きな人にはピッタリのお仕事です。

情報について学ぶと世界の見え方が変わります

情報・AIについてやプログラミングについて学ぶと聞くと難しく感じてしまうかも知れません。しかし、皆さんが思っているより、日常に溢れていることについて学びます。スマホ、タブレット、WiFiを始めとした通信など日頃使っているものについてから、最新のAI技術についてまで幅広く知ることが出来ます。学んだ知識にはすぐに日常の中で出会うことになると思いますので、 生活しているだけで世界の見え方が変わるのではないでしょうか。もちろん、これから大学受験で求められるような専門的な知識についても学べますが、スタ塾のレッスンでは1から丁寧に解説してくれるので、心配はいりません。

後悔がない

生徒たちといっしょに学習できることはもちろん、自分と年が離れている子どもたちとお話しすることで頭の中に新しい考えが生まれてきます。また、子供達に教えるためにはそのことについての理解と自分の言語化能力が試されます。言語化能力があまりないと思っているあなたへ、この力は多くの幅広い層の人と関わることで成長できます。最初は誰でも苦手なことかと思いますがそこも生徒さんに教えている時や上司の方々また、同期や先輩との交流の中で成長できると思います。最後に自分の興味のあることには挑戦してみてほしいと思います。やらないで後悔するよりやって後悔する方がいいという言葉がありますが、ここはやって後悔しないところだとおもいます。

挑戦と成長

この講義を受講しようとする皆さんへ私からは挑戦しようとしているあなたのことを尊敬します。ほかの人と違うことや何かやるのに一歩先に動くというのはとても大変で勇気のいることと思います。人は挑戦することで大きく成長していきます。君たちは今まさしく将来に向かって成長している途中です。成長は何も行動しない人でもできます。しかし、挑戦するものは成長過程の中で得られる経験値が大きく異なります。また、ここに挑戦しようとしている君たちはこの先社会に出ても周りの人を引っ張っていくことのできる人たちだとおもいます。さらに、ここにいる先生たちの多くはそのような挑戦の結果今にたどり着いています。情報の勉強を行いながら人生についての情報もらえるかもしれません。君たちの挑戦を心から応援します。

木村 英嵩

札幌大学

趣味:弓道
将来の夢:司法書士

アピールポイント

会話が続く